loan expert

spot_img

Popular

在籍確認なしのカードローンはあるの?カードローンを借りていることはバレる?

結論からいうと、在籍確認なしのカードローンはありません。在籍確認は貸金業法で義務づけされている(参照:金融庁)ため、在籍確認なしでキャッシングできると謳っているカードローンは、違法な闇金の可能性もあるので注意しましょう。 ちなみに電話での在籍確認であっても、カードローンを借りていることは基本的にバレません。ローン会社は職場に電話をかける際に、お金を借りていることやローン会社名をいわないなどバレないように配慮をしてくれます。 また、職場への電話確認ではなく、保険証や運転免許証などの在籍確認に必要な書類の写真をスマホで送ればOKな場合が多くあります。職場への電話連絡に抵抗がある場合は、書類確認OKのカードローンを選ぶとよいでしょう。 しかし、契約時にバレなくても、契約後に返済を滞納して家に届いた手紙を見られたり、財布の中のカードを見られたりしてバレることも。選び方パートでは、カードレスや郵送物なしといったバレるリスクを減らせるカードローンも紹介します。 基本的にどこでもバレにくいなら、どのローン会社で借りるべき? 書類確認OK・郵送物なし・カードレスであれば基本的にどこで借りてもバレにくいので、あとはいくら借りたいかといつ借りたいかで選ぶとよいでしょう。 すでにクレカのキャッシング枠を持っているなら、クレカのキャッシング枠を使えば審査なし&在籍確認なしでお金を借りられるので最もバレにくいといえます。専業主ふの場合、カードローンを借りる際に配偶者の収入証明書をもらう必要があるため、配偶者にバレずにお金を借りる方法はクレカのキャッシング枠一択です。ただし、クレカのキャッシング枠は借入限度額が100万円程度なので、100万円以上借りたい場合は配偶者に収入証明書をもらってカードローンを借りましょう。 100万円以上を借りたい人や返済負担を軽くしたい人、クレカのキャッシング枠はないけど今日中に借りたい人はカードローンがおすすめです。以下では、職場への電話連絡なしで借りられるカードローンの選び方について詳しく解説します。バレにくいカードローンを知りたい人はぜひ見てみてくださいね。 在籍確認なしのカードローンの選び方 在籍確認なしのカードローンを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。 1. 在籍確認は絶対にあるので、書類確認OKのカードローンを選ぼう 会社連絡なしでお金を借りたいなら、書類確認OKのカードローンがおすすめです。 在籍確認は貸金業法によって義務づけられているため、在籍確認なしのカードローンはありません。しかし、書類での在籍確認が可能なローン会社を選べば、保険証や運転免許証の写真をスマホで送るだけで在籍確認が完了するので、職場へ電話連絡されることなく借りられます。 書類確認OKのカードローンを借りたいなら、ランキングの「在籍確認の電話なし」にチェックがついているカードローンを選んでくださいね。 2. 契約後もバレたくないなら、カードレス&郵送物なしを選ぼう 契約後にバレるリスクも減らしたいなら、カードレス&郵送物なしのカードローンを選びましょう。カードレスだと、財布の中のカードを見られてカードローンでキャッシングしていることがバレるリスクがありません。また、郵送物なしのカードローンだと、家に届いた書類を見られてバレるリスクを減らせます。 銀行カードローンのなかには、キャッシュカードにローン機能をつけるタイプのカードローンもあります。もともとキャッシュカードを持っていないと、自宅にキャッシュカードが郵送されることが多いので注意しましょう。契約時の郵送物の有無やカードレスでの借り入れが可能かどうかもランキングで紹介しています。 3. 金利or融資スピード?重視したいポイントでローン会社の種類を選ぼう 消費者金融・信販会社・銀行など、カードローンを提供するローン会社には種類があります。それぞれ金利や融資スピードに違いがあるので、重視したいポイントで選ぶことが大切です。 消費者金融・信販会社・銀行から選びたいローン会社が決まったら、それぞれのランキングで「在籍確認の電話なし」にチェックがついているカードローンを選びましょう。なお、信販会社が取り扱っているカードローンの上限金利は銀行カードローンに近いため、信販会社のカードローンも銀行カードローンのランキング内で紹介しています。 返済負担を軽くしたいなら、信販会社や銀行カードローンを選ぼう 返済負担を軽くしたいなら、上限金利の平均が年14%程度と低金利な信販会社や銀行カードローンがおすすめです。 消費者金融の上限金利の平均が年18%なのに対し、信販会社や銀行カードローンは年14%と消費者金融に比べて約4%も低金利。申し込みから初回融資までは即日〜2週間程度とローン会社ごとにばらつきがありますが、返済負担を下げたいなら低金利な信販会社や銀行カードローンから選ぶとよいでしょう。 ただし、在籍確認の電話が原則なしの信販会社・銀行カードローンは数が少ないのが難点。ランキングで紹介している信販会社・銀行カードローンのうち、在籍確認の電話が原則なしなのはJCBカードローンFAITHとセブン銀行カードローンのみです。返済負担を軽くしたいかつ在籍確認の電話なしでキャッシングしたいならこの2社から選びましょう。 即日融資を受けたいなら消費者金融から検討しよう 申し込んだその日に融資を受けたいなら、基本的に即日融資を受けられる消費者金融がおすすめです。 mybestで消費者金融9社と契約したところ、9社中8社で即日融資が受けられました。申し込みから契約まで34分で、職場への電話連絡なしで契約できた消費者金融もあったので、即日融資を受けたいが会社連絡なしでお金を借りたいなら消費者金融から検討するとよいでしょう。 消費者金融は公式サイトに電話での在籍確認が原則なしと記載されていることも多いのも特徴です。ただし、在籍確認の電話がないからといって消費者金融の審査が甘いというわけではありません。

レディースローンを職場や家族にバレないで利用する方法は?在籍確認や郵送物など気をつけるポイント

レディースローンを利用する際、職場への在籍確認や自宅への電話、郵送物などで周囲の人にバレるリスクもないわけではありません。 ここからは、職場の人や家族にバレないようにレディースローンを利用するコツや気をつけるポイントについて解説します。 職場への在籍確認なしのレディースローンを選ぶ ローンに申し込むと、金融機関側で「在籍確認」が行われます。 通常は、申告のあった職場で本当に本人が働いているか確認するため、金融機関の担当者が実際に職場に電話をかけるのが一般的です。 在籍確認の電話は、早ければ1分程度で完了するかんたんなものです。 プライバシーを守るため、職場の人が出ても「借入」や「カードローン」といった要件は伝えることはありません。 しかし、この電話がきっかけで職場の人に「今の電話は何?」などと怪しまれ、借入がバレてしまう可能性もゼロではありません。 それを避けるためには、そもそも最初から「在籍確認の電話を原則行わない」と明言しているところを選ぶのが有効です。 たとえば上述のレイク、プロミス、アイフルといった大手消費者金融のレディースローンなどが該当します。 在籍確認の電話が避けられない場合でも、事前に相談しておけば電話をかける人の性別や時間帯などをある程度指定できることがあります。 また、なるべく自分が電話に出やすい電話番号(所属部署の番号や内線など)を申告しておく、「クレジットカードに申し込んだ」など怪しまれたときの言い訳を考えておく、といった対策もおすすめです。 明細書や契約書類などの郵送物をできるだけなしにする 家族と同居している場合、自宅に届いたローン関係の郵便物を見られて借入がバレる可能性もあります。 レディースローンの中には、申し込んだら自宅に郵便物が届くタイプとそうではないタイプがあるので、不安な人は後者を選びましょう。 一般的には、大手消費者金融はWebのみで完結できるため郵送物を避けられることが多く、中小消費者金融だと契約書類・カード・明細書などの書類が届くことが多いです。 また、同じローンでも、申込方法や申込フォームで選んだ選択肢によって、郵送物の有無が変わることがあります。 あらかじめよく確認しておきたいところです。 カードレスタイプのものを選ぶ カードが発行されるタイプのローンを選ぶと、自宅に郵送物が届いたり、財布の中にカードが入っているところを見られたりして周囲にバレてしまう可能性があります。 近年は、カードがなくてもスマホだけで借入や返済ができる「カードレス」に対応している消費者金融も増えています。 バレるリスクを抑えたいなら、なるべくカードレスで利用するようにしましょう。 ただし、カード発行が必須でも、無人契約機まで取りに行けば郵送を防げる場合もありますし、チラッと見えただけではそれとわからないカードデザインになっている場合もありますよ。 本人確認の連絡先には個人の携帯電話の番号を指定する 申込の手続きを終えたあと、金融機関から申込者本人あてに、申込内容に間違いがないか確認するための電話がかかってくることがあります。 この際、連絡先を自分だけが利用する携帯電話の番号に指定することも大切です。 連絡先として自宅の固定電話の番号を記入していると、同居している家族が出てバレてしまうかもしれません。 なるべく自分がすぐに出られるよう、いつも持ち歩いているスマホの番号などを記入するようにしましょう。 スマホや通帳の履歴に気をつける ローンを利用すると、スマホや通帳に履歴が残ることがあります。 それを家族などに見られてしまうと、バレる可能性が高くなるので要注意です。 スマホなら、インターネットの検索履歴や着信履歴をこまめに削除する、画面ロックをかけるなどの対策が有効です。 とはいえ、あまりに強固にガードしていると「何かやましいことでもあるの?」と逆に怪しまれてしまうおそれもあるでしょう。 相手との距離感や信頼度など、バランスを見ながら対策を進めていくのがよいかもしれません。 もし消費者金融の公式アプリを使うなら、アイコンはホーム画面ではなくなるべくわかりにくいところに配置するようにしましょう。 アイフルのアプリのように、一目でわからないようアイコンの着せ替えができる便利機能が付いている場合もあります。 ちなみに、「周囲にバレたくないから」といって、金融機関からの電話を無視し続けるのはおすすめしません。 電話に出ないと審査が先に進まないケースもありますし、連絡手段が自宅への電話や郵送などに変わって余計にバレやすくなるケースもあります。 周りの人を気にせずに済むところまで移動してかけ直す、などの対応を取りましょう。 また、口座振込で融資を受ける場合や引落で返済をする場合は、通帳に「振込での借入」や「口座引き落としでの返済」などの記録が残ります。 この記録を残したくないなら、移動の時間や手間は少々かかりますが、その都度ATMを使って借入や返済を行うようにしましょう。 ATMを利用した際に出てくる利用明細を、見つからないように捨てることも忘れずに。 店舗や無人契約機の利用の際は場所を検討する 消費者金融の店舗や無人契約機の中に入っていくのを目撃されて、バレるケースもあります。 対策としては、そもそも店舗や無人契約機まで行かなくてもインターネットで完結できるローンを選ぶのがおすすめです。 どうしても行く必要がある場合は、家族・近所の人・職場の人などに見られる可能性がある自宅周辺や職場周辺は避けるようにしましょう。 大手消費者金融は全国各地に多数の拠点を持っているので、あまり縁のない地域や人の目が気にならないような場所を探してみるとよいでしょう。

レディースローンの審査通過のためのポイント

ここからは、レディースローンの審査を通過するためにできることについて解説します。 審査が不安な人は、ぜひ参考にしてください。 複数社借入している場合は借入先を減らす 審査では、今抱えている他社での借金などもチェックされています。 以下の図のように、他社での借入件数が多いAさんのような人は不利になりやすいです。特に3件(3社)を超えている人は要注意です。 審査に通過する確率を少しでも上げるためには、新しいローンに申し込む前に、なるべく借入先を減らしておくとよいでしょう。 具体的には、家計のやりくりを工夫して追加返済(繰り上げ返済)する、おまとめローンを使って複数社の借入を1本化するなどの方法があります。 借入先を減らせない場合には、借入額をできる限り減らしておくよう心がけましょう。 貸金業法では「借りられる金額の上限は、他社での借入も含めて年収の3分の1まで」と決められています。 つまり、年収300万円ですでに100万円借りている人が新たにローンに申し込んでも、審査に通過する確率はかなり低いといえます。 消費者金融や銀行などは「信用情報機関」を通じて、ローンやクレカの利用情報・返済情報などを共有しているため、申込者の借入件数や借入額を正確に把握できます。 実際より少なく申告すると、余計に不利になりますので気を付けましょう。 ローンの延滞や滞納をしない 日ごろから借りたお金をきちんと返すことを徹底するのも大切です。 今までのローンやクレジットカードなどの返済状況も重要な審査項目となっています。 上述の「信用情報機関」には、現在の借入状況だけでなく過去の返済状況も記録されています。 そのため金融機関は、たとえ他社での延滞・滞納であっても、本人が申告しなくても、今まで問題なく返済できていたのか確認できるのです。 当然ながら、返済できなかった記録が残っていれば審査で不利になります。 特に、数ヶ月以上の長期延滞や、自己破産・任意整理などの債務整理を行った場合などは、かなり審査通過が難しくなるでしょう。 俗に「金融事故」や「ブラック」などと呼ばれている状態です。 こうした事態を避けるためには、毎回決められた期日どおりに返済するのがいちばんです。 返済日を忘れないようスマホのリマインドを設定しておく、そもそもお金の使いすぎや借りすぎにならないよう気を付けるなど、自分なりに工夫しましょう。 なお、金融事故の記録は5~7年経つと自動的に消滅するため、それを待ってから申し込むのも1つの手です。 複数社に同時に申し込まない 意外かもしれませんが、いくつもの会社に同時に申し込むと審査で不利になりやすいです。 金融機関から「お金がなくて切羽詰まっている」「かなり困窮している」と思われ、返済が難しい=返済能力がないと判断されやすくなってしまうからです。 「絶対にお金を借りたい!」と思っても、どこに申し込むか迷っても、一度に申し込むのは1社だけに絞りましょう。 ローンに申し込んだ記録は、信用情報機関に6ヶ月ほど保存されます。 そのため、2社目に申し込むのはできれば6ヶ月後以降、もしくは1社目の審査に落ちたことが確定した後にするのがおすすめです。

レディースローンの審査は甘い?審査基準や流れを解説

ここからは、レディースローンの審査基準や流れについて見ていきましょう。 レディースローンだからといって審査が甘いわけではない 前述のとおり、レディースローンの申込条件は比較的ゆるいといえます。 多くがパートやアルバイトでも問題なく申し込めますし、なかには本人に収入がない専業主婦が対象になるものも存在します。 しかし、だからといって「審査が甘い」「誰でも借りられる」というわけではありません。 消費者金融は、貸金業法という法律によって返済能力の調査(審査)が義務付けられているため、どこも厳正な審査を行っています。 申込条件と審査基準は違うので要注意です。 細かい審査基準は、どの会社でも非公開です。 ただ基本的には、申込フォームに入力された以下のような情報をもとに判断されていると考えられます。 ✅ 年齢 ✅ 勤務先 ✅ 勤続年数 ✅ 居住形態 ✅ 家族構成 ✅ 他社での借入状況 ✅ 信用情報(過去の返済状況等) ✅ 在籍確認の可否  など 審査の過程では、上記のような内容を1つ1つ確認しています。 そこで「返済能力がない」とみなされてしまうと、審査を通過することができません。 「どうしても審査に通過したい!」と思って虚偽の情報を申告してしまう人もいますが、絶対にやめましょう。嘘は結局バレてしまいます。 それが原因で余計に審査に落ちやすくなってしまうこともあり、逆効果です。 なお、ベルーナノーティスやイオン銀行カードローンでは、本人の収入だけでなく配偶者の収入も含めて審査を行う「配偶者貸付制度」が利用できます。 配偶者貸付は総量規制(年収の3分の1までしか借りられないというルール)の例外とされています。 本人の収入がない(もしくは少ない)なら、こうしたローンに申し込んでみるのも1つの方法です。 ちなみに「審査なし」「ブラックOK」などと宣伝している会社は間違いなく闇金などの違法業者です。 激しい取り立てに遭ったり犯罪に巻き込まれたりする可能性があるので、絶対に利用しないようにしましょう。 レディースローンの審査の流れと在籍確認のタイミング レディースローンの審査の流れや在籍確認のタイミングは、基本的に通常のカードローンと同じです。 会社によって多少異なりますが、以下のような流れで進むことが多いです。 1....

レディースローンとは?一般的なカードローンとの違いや特徴を解説

まずは、レディースローンと一般的なカードローンの違いについて確認しておきましょう。 基本的に、レディースローンには以下のような特徴があります。 1. 女性オペレーターが常駐しており相談しやすい 2. ローンカードのデザインが華やかなものもある 3. 女性を対象としておりパートやアルバイトでも申し込める場合 それぞれ詳しく解説します。 【レイク公式】エラー | カードローン・キャッシングのレイクエラーについてのページです。カードローン・キャッシングのレイク公式サイト 女性オペレーターが常駐しており相談しやすい レディースローンの多くは、女性専用の電話窓口を用意しています。 そこではオペレーターが全員女性であることが一般的です。 「カードローンはなんとなく怖い……。」など、不安や恐怖を感じる人でも相談しやすいでしょう。 「どうしても家族にバレたくない」など個別の事情を伝えるときも、同性のほうが話しやすいかもしれません。 通常のカードローンだと、電話窓口があっても女性が対応してくれるとは限りません。 ローンカードのデザインが華やかなものもある レディースローンの中には、通常のカードローンとは違う、華やかなデザインのカードを発行しているものもあります。 単に「見栄えがいい」「かわいい」というだけでなく、一目見ただけではローン用のカードだとわからないものが多いため「バレにくさ」という点でも優秀です。 女性を対象としておりパートやアルバイトでも申し込める場合も レディースローンはその名のとおり、女性を対象にしたローンです。 主婦が利用することも考えて作られているので、正社員でなくパートやアルバイトでも申し込めるものが多いです。 なかには、専業主婦(本人の収入がゼロ)でも申し込めるものもあり、申込条件は比較的ゆるいと言えるでしょう。 ただし、レディースローンでも通常のカードローン同様、審査は必須です。 申込条件を満たしているからと言って、必ずしも審査に通過できるわけではありません。 おすすめのレディースローン8選!大手から中小消費者金融まで紹介 ここからは、おすすめのレディースローンについてご紹介します。 大手消費者金融の提供するレディースローンは、融資スピードや無利息期間が魅力です。 対して、中小の消費者金融のレディースローンは、大手とは異なる独自の基準で審査を行っています。 そのため、大手で審査落ちしていても、中小でなら融資を受けられる可能性もあります。 ここからは、大手から中小まで厳選した8社のレディースローンをご紹介します。 レイク(働く女性のカードローン)は5万円までなら最大180日間の無利息期間が魅力 レイクは、SBI新生銀行グループの大手消費者金融です。 レイクの公式サイトには女性向けのページがあり、「働く女性のカードローン」として利用を促しています。 融資期間WEBで最短25分Web完結可金利年4.5%~年18.0%在籍確認の電話原則なし無利息期間1万~500万円女性専用ダイヤル有無なし担保・連帯保証人不要パート・アルバイト可否可 ただし、商品内容自体は通常のカードローンと同じで、女性専用ダイヤルも華やかなカードもありません。 「女性専用」にこだわりたい人にとっては少々物足りないかもしれません。 しかしレイクには、他のレディースローンとは違う大きな特長があります。それは「無利息期間」です。 無利息期間とは、一定期間に限ってお金を借りても利息がかからずに済むサービスです。 他社は「30日間」が多いですが、レイクは最長「180日間」も可能です。 レイクで選べる3つの無利息期間 ✅ Web申込限定で60日間 ✅ 借入額のうち5万円まで180日間 ✅ 契約額200万円超なら30日間 上記3つの中から、自分に合った無利息期間を選択できます。 どれがいちばんお得かわからない場合は、レイク公式サイトの「お借入れ診断(おすすめの無利息を知りたい)」で調べられますよ。 こんな人におすすめ ✅...